医療技術の進歩は救える命を増やした。しかし、生まれた命を育み、家族をも支える環境は十分に整っていないのが現実。命が生まれるという奇跡、その命を育て、生きることとは何か。
2015年10月期の放送後、続編を望む声に押され、「生まれること、そして生きること」をテーマに、新シリーズがスタートしたTBSドラマ『コウノドリ』。ドラマでは真摯に「命」に向き合う産科医の姿が描かれている。
産科医であり、ピアニストでもある鴻鳥サクラを主人公に、新たな命に触れることにより生まれる葛藤、思いがけず乗り越えなくてはならない試練、そして医師や助産師、看護師たちが抱く決意。産科医療の現場をリアルに描いた人間ドラマ。
豪華キャストのなかに、この作品で俳優デビューを果たした宮沢氷魚さん。総合医療センターの研修医・赤西吾郎を演じ、第1話では、耳の不自由な妊婦の出産に、戸惑いながらも立ち会う。その姿が視聴者の好感を高めている。
――宮沢氷魚さんについてお聞きします。宮沢さんとドラマの役柄の赤西吾郎先生は共通点が多いですね。
宮沢:
僕も赤西先生も二世という共通点があります。二世ならではのプレッシャーを感じています。期待に応えようという気持ちが強かったり、いろいろなことで悩んだりしています。

ドラマでは、台本を読みながら吾郎に自分を重ねて、自分だったらどう考えるか、自分だったらどう行動するかと考えています。すると、吾郎の気持ちが伝わってきて、自分がドラマの中にいるような感じがします。

――神奈川県立こども病院を視察されましたね。医療現場を見た感想は。
宮沢:
こども病院に行くまで、僕は産科についてほとんど知りませんでした。もちろん、ドラマ出演が決まったときに、僕なりにリサーチしたのですが、それはネット上での情報であり、実際の産科は違いました。産科の実態を目の当たりにして、自分が知らないことばかりに感慨深かったです。
NICU(新生児集中治療室)で、早産で小さく生まれた赤ちゃんを見たとき、自分が想像していた以上に小さくて、しかもチューブにつながれ、ギリギリの状態で生きているのです。それを知らなかった自分が嫌になってしまいました。これってニュースでは取り上げられないでしょうし、ドキュメンタリーやドラマでしか情報が出てはないのではないでしょうか。もっと多くの人に知ってもらいたいと、強く思いました。撮影現場に入る前に見させてもらい、本当に良かったです。

――ドラマのテーマである「生まれること、そして生きること」について感じていることはありますか。
宮沢:
生まれてくるということが当たり前ではないということを感じています。障害がなく生まれる子もいますが、僕の親戚もそうですが、ハンディキャップを負って生まれてくる子もいます。みんな精一杯に生まれてきて、みんな一生懸命に生きています。その子を両親は全力で育てていますし、医師も自分の子どものように小さな命を支えています。
撮影現場で出産の場面に立ち会うと、グッとくるものがあります。いつか自分が親になったときに、自分には何ができるのか、と現場で考えたりします。いまは日々、生まれること、生まれてくることについて考えています。当たり前のことではないんだと思いますね。
――ドラマの撮影前と現在では出産に対する見方に変化があるということですね。
宮沢:
気のせいかも知れませんが、ドラマに入ってから、たくさんの妊婦さんを見ているような気がします。もちろん、見ている数は変わらないはずなんですけど、意識が向いているのでしょうね。こんなに妊婦さんがいるんだ、どうして気づかなかったんだろうと思います。小さいお子さんを連れているお母さんもいて、自分にできることは少ないかも知れませんが、できることは全力で取り組みたいと思っています。考え方がまるっきり変わりましたね。

――多くのお母さんが子育てを担っていることに対して思うところはありますか。
宮沢:
出産というと、傍から見ると、幸せなことなんだとか、生まれたら万々歳という感じで見ている人が多いと思います。でも実際は生まれてから大変なこともあります。第3話でもあったように、産後うつになる方もたくさんいます。この実態を知らない人が多いのではないでしょうか。出産、産後の全てを担うことはできませんが、何よりも旦那さんの支えが最も大切だと思います。

――今後のみどころは。
宮沢:
赤西吾郎は第5話から新生児科に移ります。そこでも吾郎らしさというか、知らないことがたくさんあり、どんどん成長していきます。登場人物それぞれにも、ターニングポイントがあります。今回は誰なんだろうというところに注目していただきたいですし、ときには辛い場面もありますが、みんなで支えあっていく良さが描かれていますので、楽しみにしてご覧いただければと思います。

――日本財団ソーシャルイノベーションフォーラムの「ONE-DAY-PARK」でご登壇いただきます。皆さんへのメッセージをお願いします。
宮沢:
僕は男性で23歳。出産は遠い未来の話だと思っていましたが、自分の子でなくても、どこかで必ず新しい命が生まれています。自分にできることはないかも知れませんが、ほんの少しでもサポートすること、そして何よりも理解することが大事なことだと思っています。昨日のことですが、電車に赤ちゃんを連れたお母さんが乗ってきました。隣の席の人が冷たい目で赤ちゃんとお母さんを見ていたのを見て、すごく悲しくなりました。一人でも多くの人が理解していただければ良いなと思いました。
――最後に宮沢さんの今後のキャリア展開について聞かせていただけますか。
宮沢:
俳優になりたくて、芸能界に入り、やっと夢が叶いました。今後はもっと自分に力をつけて、たくさんの作品に出演したいと思います。コウノドリでは、日々学ぶことがあり、少しずつですが、成長しているかなと実感しています。これからも全力で努力していきますので、応援をよろしくお願いします。

【ONE-DAY-PARK】ドラマ“コウノドリ”の現場から