Social Innovation Forum

  • #インクルーシブ社会
  • #オリンピック
  • #グローバル
  • #グローバル人材
  • #グローバル社会
  • #パラリンピック
  • #共生社会
  • #国際人
  • #地球市民
  • #多様性
  • #ひとりで
  • #ふむふむ
  • #友人

世界イチ遅れている日本

2018/09/08(土) 11:00〜13:00

@青山学院大学 17号館6階 本多記念国際会議場

共生社会とは。多様化する社会で、日本人はどう動くべきか。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

あなたの興味分野は?

  • 共生社会・グローバル社会・インクルーシブ社会
  • 多様性
  • 東京オリンピック・パラリンピック
  • 国際人・地球市民・グローバル人材
  • よく分からないけど、とりあえず興味ある!

どれかひとつでも当てはまれば、ぜひ!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

  • TOKYO2020まで2年弱。東京オリンピック・パラリンピックをきっかけに日本の共生社会をより前進させる機会だが、「共存社会」とは一体?共生社会に必要な多様性への理解とは何なのか?そもそも共生社会は必要なのか?まだまだ実態が見えず、私達の頭の中には「はてな」が続く。
  • グローバル化が進み、多様な思想・価値観・生活スタイルが激しく交錯する現代。東京はデータだけで見ても、外国人の人数が日本で一番多いが、障害者やLGBTQ、そして地方からも多くの人が集まる、多様性のハブとなっている。また、「日本人」も帰国子女やハーフ、日系人など一言では表せないほど多様になってきている。
  • 今後、国際社会の中でちがいをちからにかえる街、渋谷で、共生社会をむけて多様性とどう向き合うべきか、我々はどう行動すべきか。「共生社会」の紐を、登壇者と参加者でリアルタイムに解く、今までにないカタチのシンポジウム。

TOKYO INTERLOPERSの写真も展示予定!(©TOKYO INTERLOPERS)

【登壇者プロフィール】

マセソン美季

日本財団パラリンピックサポートセンター推進戦略部プロジェクトマネージャー/国際パラリンピック委員会教育委員

カナダ在住。パラリンピアン。長野パラリンピック金メダリスト。現在、国際パラリンピック委員会公認教材の開発に携わり、学校教育を通した共生社会の普及推進に翻弄中。

ブダ真里江

(株)イノービア・テクノロジー 行動科学コンサルタント/元ケンブリッジ大学 心理学科担当教務主任

英国在住。ケンブリッジ大学で認知神経科学の博士号を取得。現在、行動科学コンサルタントとして活躍中。行動心理学を通じたソーシャルイノベーションの実現を模索する。

 

(※敬称略、順不同)

 

=以下英文=

 

Japan is falling behind

What does it mean to be in an inclusive society in TOKYO?

Interested in any of these below? Join us for the symposium!

    • Inclusive society, global society, Integrity
    • Diversity
    • TOKYO 2020 Olympics and Paralympics
    • Global citizenship

  • Less than 2 years to go until TOKYO2020. This is a perfect timing for Tokyo to take a step towards an inclusive society, however what does an inclusive society really mean? What does it mean to embrace diversity? Is an inclusive society really needed or are we outvoicing its concept too much? There are still many question marks remaining in our head with these concepts.
  • In such a globalized world, our lifestyles are becoming more diverse. Looking at statics, Tokyo is the “hub” for diversity in the sense that it has the biggest non-Japanese (gaijin) population, as well as LGBT communities, individuals with disabilities and many more. Even Japanese people are becoming more diverse with mixed-racial (ha-fu) individuals, as well as Nikkei and TCKs (Kikokushijo).
  • Globalization is accelerating. In Shibuya, a city in which diversity is promoted for social change, how should we face and take actions for diversity for an inclusive society? This symposium will be unfolding what it means to live in an inclusive society, together with the speakers and participants.  

TOKYO INTERLOPES will be joining as a photo exhibition (©TOKYO INTERLOPERS)

【speakers profile】

Miki MATHESON

Project manager, Promotion & Strategy Department, Nippon Foundation Paralympic Support Center/ Education Committee member, International Paralympic Committee(IPC)

Based in Canada, Miki is a Paralympian – Gold medalist in Nagano Winter Paralympic Games. She is currently involved with development, promotion and implementation of the IPC’s official Paralympic education toolkit, aiming to create an inclusive society through school education.

Marie BUDA

Behavioral science consultant, INNOVIA / Former Bye-Fellow and College Lecturer, as well as Director of Studies, in Psychological and Behavioral Sciences at the University of Cambridge.

Based in the UK, Marie obtained her PhD in cognitive neuroscience from the University of Cambridge. She became a behavioral science consultant, aiming to use her academic psychological knowledge in an applied context. She is currently trying to use behavioral science knowledge for social change.

 

Twitterでのつぶやき

Coming soon !

イベントについての最新情報や
キャンペーン情報を配信中!

  • SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA
    運営実行委員会