Social Innovation Forum

  • #人工知能
  • #未来
  • #機械
  • #考える力
  • #言葉
  • #言語
  • #ひとりで
  • #ふむふむ
  • #友人
  • #AI

AI時代を生き抜く

2018/09/08(土) 17:00〜19:00

@青山学院大学 17号館4階 17411

ライバルはAIか、それとも人間か。

10年後にはAI(人工知能)時代が来る、現代の常識は全く通用しない時代が来るとも言われている。現代を生きるわたしたちは、どうやってその時代を生き抜くことができるのか。

 

2000年代、プロ棋士にまったく歯が立たなかったプログラムが、2017年には将棋プログラムが棋士界の中で、トップクラスの棋士に勝ってしまうなど、AIは急速に進化している。 他にも、自動運転や自動翻訳など生活や仕事などわたしたちに身近な分やで、AIの機能は日に日に進化しており、近い将来わたしたち生活がより豊かになるAI時代がやってくるだろう。

 

しかし一方では、そのAIがわたしたちを脅かす存在になるのではないかとも言われている。

 

AIはわたしたちの「良きパートナー」なのか、それとも、わたしたちの「脅威」となるのか。

 

これからの社会を生きていく為に本当に必要なものはITスキルや専門知識だけではない。人間は「問題を発掘し」「自ら考え」「表現する」能力を持っている。これらの能力を磨き、「物事の本質を理解する総合的な知力と的確な判断力」を養うこと、そして「創造力」によって生み出されたものを、「人間のことばや音やイメージとして表現する」ことが大切になってくるのではないだろうか。

 

あたりまえの日常に疑問を抱き、人間として何を感じて生きていけるか。技術の進歩によりありとあらゆる情報が簡単に手に入り、複雑化した現代を生きる私たちが見失っているものは、実はこんなにも身近なものだったということに気づかされるセッション。

 

【登壇者プロフィール】

藤原 和博

教育改革実践家/奈良市立一条高校・前校長/和田中学校・元校長/元リクルート社フェロー

1955年東京生まれ。教育改革実践家。
東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルートフェロー、
杉並区立和田中学校校長、奈良市立一条高等学校校長などを歴任。著書多数。

(※敬称略、順不同)

Twitterでのつぶやき

Coming soon !

イベントについての最新情報や
キャンペーン情報を配信中!

  • SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA
    運営実行委員会