Dive Diversity Session

  • #ひとりで
  • #ふむふむ

イノベーションの本質

2018/09/17(月) 13:20〜14:20

@EDGEof

inno

Raluca Simiuc 氏、長田新子 氏 によるトークセッション

30年間という短い期間でありながら、Red Bullが若い世代を魅了し、スポーツやカルチャーシーンに大きな影響を与えることが出来たのはなぜか?

それにより消費財マーケテイングに革新的な変化を起こしたことから何が学べるのか?

レッドブルのオーストリア本社と日本国内でブランドを担っていた元レッドブル・マーケッター2名が語る《イノベーションの本質》。

[ チケットの購入はこちら ]


Social Innovation Strategist 

Raluca Simiuc(ラルカ シミック)
BATとMARSといった消費財大手のブランドマネジャーを務め、2006年レッドブル入社。2011年までインターナショナルブランドマネージャーとして従事し、製品、広告など含めたグローバルレベルのブランドマネジメントを担当。2012年からブラジル、南アフリカ、インド、日本やヨーロッパをはじめ、世界中の草の根レベルのソーシャル関連プロジェクトを担当し、それ以来グローバルなプロジェクトであるRed Bull Social Innovationプロジェクトを構想し主導した。
2018年にSocial Innovation Strategistとして独立し、ソーシャルインパクトなプロジェクトの実現に向けてマーケテイングの力やパートナーシップを引き起こし、より良い将来の鍵となる新たな世代の教育や発展に貢献を目指している。
マーケテイングの専門家としても、ブランドマネージメントやグローバルマーケティングの経験を積んだ経験から、トレンドの発見、将来へのビジョン構想、戦略的企画、そしてイノベーティブなプログラムの概念化・設計と展開に強みを持つ。

一般社団法人渋谷未来デザイン/事務局次長
長田新子(おさだ しんこ)
AT&T、ノキアにて情報通信及び企業システム・サービスの営業、マーケティング及び広報責任者を経て、2007年にレッドブル・ジャパン入社。最初の3年間をコミュニケーション統括、2010年から7年半をマーケティング本部長として、日本におけるエナジードリンクのカテゴリー確立及びレッドブルブランドと製品を日本市場で浸透させるべく従事し、9月末にて退社し独立。趣味はスポーツ観戦・音楽ライブ鑑賞、ゴルフ、海など。

Twitterでのつぶやき

イベントについての最新情報や
キャンペーン情報を配信中!

協賛

特別協力

後援

  • 東京都

メディアパートナー

共催

主催

  • SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA
    運営実行委員会