【レポート】PLAY! DIVERSITY 2020

2018/09/14(金) 16:00〜19:00

@渋谷キャスト

_SAI1325

2020年、渋谷が魅力的な国際都市であるために。必要なのは再開発と“心の変化”?

<登壇者・第一部>
渋谷区役所 経営企画課 課長
奥野 和宏

株式会社パルコ 執行役 渋谷店準備室担当
柏本 高志

東京急行電鉄株式会社
都市創造本部 渋谷戦略事業部 営業部
渋谷ヒカリエ運営課・営業推進課 課長補佐
篠田 なつき

<ファシリテーター>
渋谷区観光協会 代表理事
一般社団法人渋谷未来デザイン プロジェクトデザイナー
金山 淳吾

<登壇者・第二部>
一般社団法人新宿観光振興協会 事務局長
菊池 加奈江

株式会社ナビタイムジャパン インバウンド事業部 部長
日本政府観光局 企画総室 調査役
藤澤 政志

ANAホールディングス
デジタル・デザイン・ラボ チーフ・ディレクター
津田 佳明

<ファシリテーター>
一般財団法人渋谷区観光協会 事務局長
一般社団法人渋谷未来デザイン プロジェクトディレクター
小池 ひろよ

 

2020年、いよいよ東京へオリンピック・パラリンピックを迎え入れることになります。
それに際して渋谷の街は、企業は、人々は、どう変化していく必要があるのか…?
有識者とともに、近い未来の渋谷のあり方に思いを馳せるトークセッション。

第一部では『シティドレッシング2020~渋谷の街はこう変わる』と題し、渋谷駅周辺の再開発に関わるキーマンが登壇。

東京急行電鉄株式会社 篠田氏は、渋谷が「日本一訪れたい街」になることを目標とした、東急グループの再開発計画の概要を説明、また「チャレンジしたくなる街」にもなってほしいとの思いから、パフォーマーの為に開かれた広場の存在の重要性についても語りました。

株式会社パルコの柏本氏は、現在改築中の新しい渋谷パルコについて詳細にはまだ語れない、としながらも、「パルコはメインストリームのカルチャーよりもサブカルチャーを支えたい。多様性を許容するのが渋谷の特徴。多様なカルチャーが混沌と化すなかから刺激を受けられるような街づくりに貢献したい」と、“ならでは”の視点を提示。

また渋谷区役所の奥野氏は、長期間に渡り工事が続く渋谷駅周辺では「工事現場も観光資源」になるのではと提案。デザインを施した仮囲い(工事区画を囲う仮の壁面)や、工事作業の様子が見渡せる小屋など、海外での事例を紹介し、また、2020年のオリンピック・パラリンピックにおいては、工事現場周辺のバリアフリー化が課題、としました。

バリアフリーについてファシリテーターの金山氏は「どんなに街から段差を取り払っても、渋谷が“谷の街”である以上高低差が多く、交通上の不便は完全には解消されない。それをカバーするものとして市民の手助け = 心のバリアフリーが必要」と指摘。

篠田氏はトークセッションを振り返り「再開発を契機に本当に渋谷が変わるためには、ハード面だけでなく、そこで過ごす人たちのマインドセットを変えることも不可欠という気付きがあった」と話しました。

 

続く第二部では『シティドレッシング2020~その先東京観光の在り方』と題し、観光振興に関わるキーマンが登壇。

新宿観光振興協会の菊地氏は、渋谷区と新宿区の横断的な取り組みとして、訪日外国人向けのバウチャーチケット「TOKYO night Time Passport」を紹介。また、従来の観光振興に多く見られた屋内型の施策ではなく、屋外のスペースの有効活用によって魅力あるコンテンツが創出出来るとし、夜間のオフィス街を利用したシネマフェスティバルの施策などを紹介しました。

ANAホールディングス デジタル・デザイン・ラボの津田氏は、テクノロジーの見地から「アバターを使って実際には移動せずに楽しむバーチャルトラベル」など、目からウロコなアイデアを提示。会場には実際にバーチャルトラベルを体験することが出来るスペースも設けられました。

政府観光局でも活動する、株式会社ナビタイムジャパンの藤澤氏は、渋谷区における外国人観光客の移動導線をデータ化し蓄積した資料を紹介。数年前に比べ、外国人観光客が区内の隅々まで移動していることを指摘し、街に観光拠点としてのコミュニティが多数生まれていること、そして観光スタイルが多様化していることを読み解きました。

対して津田氏は、渋谷が国際観光都市になる為には、外国人観光客に対する市民の“心の壁”を取り払う必要があるとし、解消するためのムーブメントを起こしたい、と語りました。

第一部、第二部を通して見えてきたのは、渋谷が真に国際的な/魅力的な街になるためには、ハード面、テクノロジー面の発展とともに、地域住民の気持ちや考えの変化も必要である、ということだったのではないでしょうか。

菊地氏は「どんなに時代が進んでも“人とのつながり”が肝。自分たちが伝えたいことだけを伝えるのではなく、街を訪れる人の目線で彼らが欲しい情報を提供したい」と語り、イベントは幕を閉じました。

Twitterでのつぶやき

イベントについての最新情報や
キャンペーン情報を配信中!

協賛

特別協力

後援

  • 東京都

メディアパートナー

共催

主催

  • SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA
    運営実行委員会