Social Innovation Award

  • #ソーシャルイノベーション
  • #ソーシャルイノベーター
  • #ひとりで
  • #ふむふむ
  • #友人

SOCIAL INNOVATION AWARD2018

2018/09/08(土) 〜2018/09/09(日)

@青山学院大学 15号館1階 ガウチャー記念礼拝堂

日本財団では、社会の問題に対して、新たな発想と明確なビジョンを持ち、様々な関係者と連携しながら、解決に向けて失敗を恐れずに活動するリーダーのことを「ソーシャルイノベーター」と期待を込めて呼んでいます。

そして、そのような革新的なアイデアを持っている人材・チームを日本中から募り、支援しています。
10組程度のソーシャルイノベーターを選出し、本年9月に行なわれる「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2018」内において、各ソーシャルイノベーターがプレゼンテーションを実施し、特に優れたソーシャルイノベーターについて、「日本財団ソーシャルイノベーションアワード2018」を表彰します。
2016年度は10組11人、2017年度は7人のソーシャルイノベーターが誕生しました。

 

【選考委員】

藤田晋(ふじた・すすむ)

株式会社サイバーエージェント代表取締役社長。

1998年、24歳でサイバーエージェントを設立し、2000年に当時史上最年少社長として26歳で東証マザーズ上場、2014年9月に東証一部へ市場変更した。2015年、テレビ朝日と連携しインターネットテレビであるAbemaTVを開始。創業から一貫して、インターネット産業において高い成長を遂げる会社づくりを目指し、「21世紀を代表する会社を創る」を会社のビジョンに掲げる。

東出浩教

早稲田大学ビジネススクール教授

慶應義塾大学経済学部卒業。鹿島建設入社後、ロンドン大学インペリアルカレッジ修士課程修了(MBA)、同大学大学院博士課程修了、日本初となるベンチャー研究における博士号Ph.Dを取得。ウエルインベストメント(株)取締役。日本ベンチャー学会副会長。これまで慶應義塾大学、九州大学をはじめとする多数の大学で客員教員を務める。監査役としてベンチャー企業上場に携わるとともに、国内外の若者にアントレプレナーシップ教育を実践、多くの起業家を誕生させる。

小林りん

学校法人ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン代表理事。

1998年 東京大学経済学部卒。2005年 スタンフォード大学教育学修士。経団連からの全額奨学金をうけて、カナダの全寮制インターナショナルスクールに留学した経験を持つ。大学では開発経済を学び、前職では国連児童基金(UNICEF)のプログラムオフィサーとしてフィリピンに駐在、ストリートチルドレンの非公式教育に携わる。2014年に日本初の全寮制国際高校を軽井沢にて開校。同校は2017年、世界17校目のユナイテッド・ワールド・カレッジ(UWC)加盟校となる。1962年にイギリスで発足した国際教育機関であるUWCは、世界160カ国に擁する国内委員会を通じて、加盟校へ派遣する奨学生の選抜と派遣を行っている。

笹川順平

日本財団 常務理事

慶応義塾大学にて開発経済学を学び、1997年卒。卒業後は三菱商事株式会社で建築をはじめとしてODA等のグローバル事業経営に携わる。
その後は2005年にハーバード大行政大学院卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、2013年より株式会社ナスタ代表取締役社長に就任、製造業の改革を牽引する。
2017年より日本財団常務理事に就任、経営企画および広報を担当し、子どもの貧困対策支援や熊本地震・豪雨災害をはじめとする災害復興支援、渋谷区との共同プロジェクトなどを率いる。

 

Twitterでのつぶやき

Coming soon !

イベントについての最新情報や
キャンペーン情報を配信中!

  • SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA
    運営実行委員会