2016年にスタートした「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム」。
3回目となる今年は、青山学院大学(青山キャンパス)で開催します。
テーマは「にっぽんの将来をつくる」。
このページではプログラム内容やソーシャルイノベーターをご紹介します。


日本財団ソーシャルイノベーション
フォーラム2018

ここでしか見られない登壇者の組み合わせ
ここでしか語られない社会課題の解決法

今、日本の社会課題は高度化·複雑化しています。
これらの解決には、国や企業、団体、研究機関など、組織の垣根を超えた協力が必要です。
「社会をより良くしたい」「日本の明るいビジョンを語りたい」
そんな思いを議論し、実践につなげる場、
それが「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム」です。

フォーラムの冒頭を飾るオープニング。ゲストには昨年に引き続き小泉進次郎衆議院議員と長谷部健渋谷区長をお迎えします。昨年同様、会場の皆さまからお二人に直接質問できるお時間もご用意します。社会が抱える様々な課題や「にっぽんの将来」について、時代の先頭を走る二人に問いかけられる貴重な場となります。昨年話題にあがった、渋谷の忠犬ハチ公と横須賀のタマ公の交流の続きも気になりますね。乞うご期待下さい。

日本財団ソーシャルイノベーション
フォーラム2018 全体スケジュールはこちら

ソーシャルイノベーターについて

日本財団では、社会の問題に対して、新たな発想と明確なビジョンを持ち、様々な関係者と連携しながら、解決に向けて失敗を恐れずに活動するリーダーのことを「ソーシャルイノベーター」と期待を込めて呼んでいます。そして、そのような革新的なアイデアを持っている人材・チームを日本中から募り、支援しています。10組程度のソーシャルイノベーターを選出し、本年9月に行なわれる「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2018」内において、各ソーシャルイノベーターがプレゼンテーションを実施し、特に優れたソーシャルイノベーターについて、「日本財団ソーシャルイノベーションアワード2018」を表彰します。
2016年度は10組11人、2017年度は7人のソーシャルイノベーターが誕生しました。

選考委員会の情報はこちら

公募スケジュール

  • 2018年6月18日(月)10:00 −
    7月20日(金)15:00
    申請受付
  • 2018年7月21日(土)−
    8月3日(金)
    書類審査
  • 2018年8月8日(水)−
    8月10日(金)
    面接選考
    (日本財団ビル)
  • 8月18日(土)
    オリエンテーション
    (日本財団ビル)
  • 9月7日(金)
    再チャレンジ枠
    進出者決定
    (日本財団ビル)
  • 9月8日(土)−
    9月9日(日)
    プレゼンテーション
    アワード受賞者決定
    (青山学院大学)

※スケジュールは予告なく変更することがあります。

支援制度の詳細は
日本財団公式サイトへ

ソーシャルイノベーター2018一覧

2017年ソーシャルイノベーターはこちら>

ソーシャルイノベーションフォーラム2017に
ついてはこちらから

メディアからのお問い合わせ

メールでのお問い合わせにつきましては、
お名前、電話番号をお書き添えのうえ、
内容をできる限り具体的にご記入願います。

SOCIAL INNOVATION FORUM/SOCIAL INNOVATION AWARD/TRADE SHOW
に関するお問い合わせ

日本財団コミュニケーション部
メールアドレス:pr@ps.nippon-foundation.or.jp

※携帯電話のアドレスをご利用の場合、
日本財団ドメイン@ps.nippon-foundation.or.jpが
受信可能な設定にしてください。

DIVE DIVERSITY SESSION/MEET UP/EXPERIENCE
に関するお問い合わせ

SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA運営実行委員会
メールアドレス:SIW@fds.or.jp

イベントについての最新情報や
キャンペーン情報を配信中!

協賛

特別協力

後援

  • 東京都

メディアパートナー

共催

主催

  • SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA
    運営実行委員会