PROGRAMS
プログラム

Future Session家族を、問う

A-1

いろとりどりな
家族のカタチ

結婚・出産しなくても家族になれる時代に私が選ぶのは?

11月30日(土) 10:00 - 12:00
ホールB7

INFO

結婚や家族のカタチが多様になってきている今、あなたはどの選択をしますか。家族や友人が、事実婚を選んだら、特別養子縁組で子どもを育てる選択をしたら、あなたはどう感じますか。本セッションでは山田昌弘教授に日本における家族の変遷についてご講演いただきます。その後のワークショップでは、多様な家族のカタチについて活動している活動家や、事実婚当事者のお話を聞き、参加者自身の結婚観や家族観について考える機会とします。多様な家族を他人事ではなく、自分事として捉えることで改めて結婚や家族、多様性について理解を深め、「いろとりどりな家族」を受け入れられる社会にしてみませんか。

DIRECTOR'S MESSAGE

  • 新田 歌奈子

    日本財団

    日本では、「結婚」というと、婚姻届を提出する法律婚を指すことが多いと思います。また、家族についても「夫婦と子ども二人」の標準世帯をイメージする方が多いのではないでしょうか。しかし、実際は、同性パートナーシップカップルや、事実婚カップルなども、彼らなりの結婚のカタチではないでしょうか。家族についても、ステップファミリーや母子家庭、父子家庭、そして里親子や養子縁組による家族のカタチもあります。結婚している人も、これからの人も、結婚しない人も、本セッションで、結婚や家族のカタチについて話してみませんか?あなたは、どんな選択をしますか?