PROGRAMS
プログラム

Future Session社会を、考える

B-2

1億2千万通りの
「働き方改革」

わたしも会社も豊かになる、新時代の働き方改革とは?

11月30日(土) 13:00 - 15:00
ホールB7

INFO

労働力不足を背景に長時間労働の解消、労働生産性の向上等を掲げる「働き方改革」。労働者の労働環境改善が期待されていますが、変化のあおりを受ける企業はマイナスイメージを抱き、また労働者も収入が下がるケースもあり、消費税増税も重なって不安を抱えています。しかし、働き方改革を下地に、労働者の副業や兼業の解禁など、働き方の幅を広げ、仕事があるからと諦めていた親の介護、育児、障害を持つ家族の世話、起業など個人の様々なニーズに応えられ、一方でそれらのプライベートな活動が企業にも好影響を与え、成長できるのではないでしょうか。先進事例を元に、個人の“働く”にフォーカスを当て、収入だけに限らない豊かな生活を送るにはどうすればいいか、一緒に考えましょう。

DIRECTOR'S MESSAGE

  • 廣瀬 正典

    日本財団

    私は、会社の一番の財産は従業員だと思っています。会社の成長には、従業員がモチベーション高く仕事に打ち込めることが必須ですが、そのためにも会社以外のプライベートの活動も充実することが大事です。ただ、「本業は続けつつやってみたいことがあるけど、副業禁止だし、生活もあるし、仕事を辞めてまでしようとは思わない」といった声(私も同じです)や、経営者からは「働き方改革で経営側への負担が増えた」と聞きます。両者が豊かになる働き方ってないのかな、という疑問からこのセッションを考えました。本セッションでは個人の豊かさを中心に、改めて"働き方"について捉えて、自分に何が向いているのか、何が出来るのか、考える機会としていただければと思います。