PROGRAMS
プログラム

Future Session社会を、考える

B-4

自由なのに
居場所がない私たち

これからのコミュニティについて丁寧に考えてみた

12月1日(日) 13:00 - 15:00
ホールB7

INFO

私たちはいま、仕事も住む場所も人間関係も、個人の好きが尊重される「自由」な時代を生きています。でも、その「自由」さは時として「不安」を生み出しています。地域のつながりも薄く、毎日家と会社(学校)の往復ばかり。Twitterではつぶやくけれど、なんだか自分の居場所が見つからない…かといって昔ながらの濃密な人付き合いはちょっとしんどい。そんな気持ちを抱えているひとは多いのではないでしょうか?コミュニティや居場所にまつわる「自由」と「安心」のトレードオフを切り口に、これからの時代を生きる私たちにとってどんなコミュニティ・居場所がマッチするのかを探るセッションです。

DIRECTOR'S MESSAGE

  • 榎村 麻子

    日本財団

    コミュニティ、居場所、つながり・・・・あたたかくてキラキラした言葉に拒否反応がでた人はいますか?そんな貴方にこそぜひ来てもらいたいセッションです。私自身、幼いころは家庭の都合で海外で過ごし、その後は神奈川県のニュータウンで育ちました。固定の地域コミュニティやふるさとはなく、どちらかというと「コミュニティ…うーん…」となるタイプです。でも、どこかで寄る辺なさを抱えていて、居場所を欲していることも事実。このセッションではいきなりかっこいい結論をだすのではなく、コミュニティや居場所に対する考え方を個々人がアップデートするきっかけとなることを目指しています。