PROGRAMS
プログラム

アワード
日本財団
ソーシャルイノベーション
アワード2019
12月1日(日) 13:00 - 17:00
ホールB5

INFO

2016年より、日本財団は社会課題を解決するために新しい発想とネットワークで社会変革を引き起こす革新的な人材・チームをソーシャルイノベーターとして公募し、選出・表彰してきました。今年は、131組の応募の中から、スマート農薬、AIを活用した外国人向け日本語会話トレーニング、機能性昆虫食、難聴児向けオンライン家庭教師、視覚障がい者向け歩行支援センスウェアなど、様々な社会課題に対するソリューションの開発に取り組む計9組のファイナリストを選出しました。ファイナリストと、再チャレンジ枠選考を勝ち抜いた1組を含む計10組のソーシャルイノベーターが、SIFの最終日にてプレゼンテーションをし、最優秀賞と優秀賞に選ばれた人材・チームには活動奨励金が授与されます。

DIRECTOR'S MESSAGE

  • 花岡 隼人

    日本財団

    私たちがいま直面する課題の多くは、いまの常識では解決できない課題ばかり。日本財団ソーシャルイノベーションアワードは、そうした課題を解決し10年後の「常識」を創りだす新たなソーシャルイノベーターを表彰しています。アワード当日は、アワード・ファイナリストが想いや事業内容を語るプレゼンテーションのほか、いまの常識に縛られないがゆえの挫折や葛藤、成功の裏側を聞ける、これまでのアワード受賞者によるトークイベントもご用意しています。次は、あなたが10年後の「常識」を創りだす番です。