PROGRAMS
プログラム

Future Session とは

フューチャーセッションとは、未来の新しい仲間を招き入れ、創造的な対話を通して、未来に向けての新しい関係性と新たなアイデアを生み出し、新しく集まった仲間同士が「協力して行動できる」状況を生み出すための場。今年は、株式会社フューチャーセッションズの協力のもと、日本財団のディレクター12名が、「家族を、問う」・「社会を、考える」・「地球と、向き合う」の3つのテーマで計12の「フューチャーセッション」を展開します。登壇者、参加者、そして日本財団スタッフが対話しながら、お互いに未来に向けての「新たな関係性」と「新たなアイデア」を生み出し、アクションを起こせる状況を生み出します。社会をもっと良くするために、何かを始めたいけど、何からやればわからない、という方はぜひフューチャーセッションにご参加ください。

  • Future Session

    家族を、問う

    佐治香奈

    佐治香奈

    日本財団 経営企画広報部 
    ソーシャルイノベーシ ョン推進チーム

    就職して結婚して子どもをもうけ、車を買い、妻は家庭に入る――。そんな「昭和の家族像」が崩壊した平成。先達のいない時代を生きる私たちだからこそ、これからの「家族」はどんな形にもすることができます。結婚や育児、親との関係、いつか来るひとりの生活・・・。不安ばかりが語られる今、本当に在りたい家族像を問います。一緒に、“本当の”多様な家族像と、そのために自分たちにできることを語らいましょう!
  • Future Session

    社会を、考える

    藤田滋

    藤田滋

    日本財団 経営企画広報部 
    広報チーム

    平成の時代が終わり、これまでの価値観や社会との関わり方が変わりつつあります。一方で、私たちはまだまだこれまでの「常識」に縛られていないでしょうか。「幸せ=なんだかんだでお金」、「働く=やっぱり正規雇用で1日8時間週5日勤務が安心」、「政治参加=何も変わらない投票」、「地域の支え合い=自治会、でもちょっとめんどくさい」・・・私たちが、無意識に前提としている「常識」を敢えて問い直し、新時代の社会との関わり方を考えます。
  • Future Session

    地球と、向き合う

    樋口裕司

    樋口裕司

    日本財団 経理部
    経理チーム

    ライフスタイル提案型のお店やサービスが増え、暮らしの中で「自分らしさ」を追求できる時代。一方、街や環境の未来が想像できず、自分らしく主張するのが苦手なままの私たち。自己責任論ではたどり着けない、持続可能な未来のために、私たちは何を残し、捨て、新たに生み出していくのでしょうか。 多様な理想を交錯させながら、人と地球の未来に向き合う4つのセッション。明日から踏み出せる自分らしい一歩を見つけに来ませんか?