SPEAKERS
登壇者

三日月 大造

みかづき たいぞう

滋賀県 知事

PROFILE
昭和46年生まれ。昭和62年滋賀県大津市立日吉中学校卒業。平成2年滋賀県立膳所高等学校卒業。平成6年一橋大学経済学部卒業。同年西日本旅客鉄道株式会社(JR 西日本)入社 広島支社にて駅員、電車運転士、営業等の仕事に従事。JR西労組中央本部青年女性委員長(専従)、JR連合青年・女性委員会議長を歴任。2002年財団法人松下政経塾入塾(23期生)、2003年衆議院議員初当選(以降、4期連続当選)、国土交通大臣政務官、国土交通副大臣等を歴任。2014年7月滋賀県知事就任、現在2期目。持続可能な滋賀を目指し「健康しが」の創造・発信に取り組む。
MESSAGE
私は知事に就任して以降、ずっと考えていることがあります。「豊かさとは何か?」、「幸せとは何か?」、「現在の生活は持続可能か?」、「誰かの犠牲のうえに成り立っているのではないか?」。これらは滋賀だけ、今だけで完結するものではありません。滋賀には近江商人の「三方よし」や「せっけん運動」など、SDGsに通ずる精神が息づき、世界や未来とのつながりの中で、SDGsを県政に取り込んできました。健康寿命日本一を支える滋賀の食、自然に感謝し育まれてきた滋賀の農林水産業「琵琶湖システム」、県民自らが考え行動に移すグリーン購入など、琵琶湖を大切に思い、未来をみつめてきた先人たちから受け継いだ滋賀の魅力をお伝えします。