SPEAKERS
登壇者

大林 教善

おおばやし きょうぜん

一般社団法人四国八十八ヶ所霊場会 会長

PROFILE
昭和20年生まれ。綜芸種智院大学卒業後、昭和46年四国霊場第74番甲山寺住職に就任。真言宗善通寺派庶務部長・総本山善通寺執行等歴任。平成18年より京都随心院流小野講傳所伝授阿闍梨を務め随心院流一流伝授を成満。平成20年京都東寺にて後七日御修法大行事・平成24年随心院寺務長、平成25年京都東寺にて後七日御修法別当を務める。平成28年四国八十八ヶ所霊場会会長に就任。法務の傍ら更生保護司を30年務め平成21年法務大臣表彰を受ける。現在も少年警察補導員、善通寺市補導員、善通寺文化財保護審議委員長、青少年育成や社会貢献活動に取り組んでいる。
MESSAGE
幸せに満たされる人生を送る為に、挑戦すること感謝することが大切です。四国八十八ヶ所霊場を巡拝することは自らを決意し進み向き合うことの連続です。1400キロという長い道中には様々な苦難もありますが、御接待文化に触れる事で人の温かさを感じ、大自然の中で生かされていることに気づき感謝の気持ちが湧き上がってきます。こうして得た満足感は、安堵感となり生きていくうえでの自信ともともなり、幸せな人生へと繋がっていきます。四国八十八ヶ所霊場を開創した空海の教えを通して「ウエルビーイング」のお話をさせていただきたいと思っております。