SPEAKERS
登壇者

山崎 亮

やまざき りょう

studio-L 代表
コミュニティデザイナー
社会福祉士

PROFILE
1973年愛知県生まれ。大阪府立大学大学院および東京大学大学院修了。博士(工学)。建築・ランドスケープ設計事務所を経て、2005年にstudio-Lを設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザインに携わる。まちづくりのワークショップ、住民参加型の総合計画づくり、市民参加型のパークマネジメントなどに関するプロジェクトが多い。著書に『コミュニティデザインの源流(太田出版)』、『縮充する日本(PHP新書)』、『地域ごはん日記(パイインターナショナル)』、『ケアするまちをデザインする(医学書院)』などがある。
MESSAGE
我々は、かつてに比べて自由に行動できるようになった。多くの人が自由に行動すればするほど、ひとつの場所に留まったりひとつの組織に所属したりすることが少なくなる。自分だけでなく、周りの人たちも自由に動き回ることになると、「この人達と生きていこう」「この人達といれば安全だ」と思えるコミュニティを見つけるのが難しくなるだろう。自由でいたいけど寂しいのは嫌だ。協力し合うのはめんどくさいけど安心して生きていきたい。わがままにも聞こえるこうした態度で、自分の居場所を見つけ出したり作り出したりすることができるものなのだろうか。そんなことについて考えてみたい。