SPEAKERS
登壇者

冨手 要

とみて かなめ

株式会社センスタイムジャパン シニアリサーチャー

PROFILE
岩手県花巻市出身。奈良先端科学技術大学院大学終了。キヤノン株式会社でMixed Reality(複合現実感)の研究開発に8年間従事。その後、客員研究員としてマサチューセッツ工科大学でカメラが人物の行動を認識するアルゴリズム開発、帰国後は微表情認識の研究に携わる。2014年から華為技術日本株式会社(ファーウェイジャパン)に移り、スマホ向けの画像処理エンジンやヘッドマウントディスプレイ用の視線追従アルゴリズムの開発を行う。2017年より現職にて、自動運転向けのAIアルゴリズム開発を行っている。2010年より株式会社TENTOにて、週末に小中高校生を対象にプログラミングを教えている。
MESSAGE
単純にテクノロジーに触れているのが好きで、自らの専門性を高めながら「ものづくり」に邁進してきた17年間でした。そろそろ自分が培った技術を製品だけではなく社会の仕組みの中に還元したいと考え、今年になってから社会デザインの勉強を始めました。講演では、AIに代表されるテクノロジーを技術者の観点でご説明しながら、これからの我々が「テクノロジー x 生きる」を、どのように受け止めていったら良いか、皆様と一緒に考えたいと思います。